WordPressでサイドバーに自己紹介コンテンツを作る

    漢鷹です。初めてWordPressでブログを始めて、「自己紹介がないなぁ~」と思ってあれこれ探していたら、どうやら「プラグイン」形式で自己紹介が作れるようでしたので、やってみました。

    以下のページを参考に、やってみました。

    WordPressでブログを作る時に使った素晴らしいプラグイン30個まとめ

    使い方はいたって簡単でした。どうやったかについてはリンク先に

    解説がありますので、割愛させていただきます・・・。

     

    ※もっとカスタムがしたい・・・※

    私が好きなアイコンを管理人画像として利用した際に

    どうやってもアイコンサイズが80x80しかできないのが気になり、カスタムしたくなりました。

    そこでプラグインをちょっとカスタマイズしてやることにしました。

    注意:本来は改造非推奨です!自己責任となりますのでプログラムを自分で組み込める方以外はカスタマイズをしないでください。

    カスタマイズの流れ

    この作業の対象者:自分でプログラムが読み書きできる方

    利用環境:行数の表示ができるテキストエディタが使えるPCあるいはタブレット

    1. 自分でカスタムしたいときに使う変数の宣言
    2. プログラムのカスタマイズ箇所の把握
    3. カスタマイズ実施

    1.カスタムしたいときに使う変数の宣言

    プラグインをエディターで開いたとき「$arr_am_urls = ・・・」と続く行が

    14行目付近に現れますので以下のように変数を記述します

    2.プログラムのカスタマイズ箇所の把握

    プログラム改修箇所を挙げていきます。

    先ほどの変数宣言の後の行数で改修箇所を示します。

    • 50行目付近  echo “<img width=\”80\” height=\”80\”・・・ のコード
    • 155行目付近 $thumb = @image_resize($upload[‘file’], 80, 80, ・・・ のコード
    • 245行目付近 <small><em>(will be resized to 80x80px)</em></small> のコード

    3.カスタマイズ実施

    それぞれカスタマイズを実施します。

    ※カスタマイズで嵌った点

    ・PHPではグローバルスコープの変数を利用したい場合は関数の中で

     「global (変数名)」 と書いてあげる必要があるらしい・・・。

    これに気を付けてコードを記述していきます。なお、今回に関しましては「関数の最初」に

    上記宣言を書いていきます。

    50行目付近のコード:該当関数が「widget_aboutme」です。

     

    155行目付近のコード:該当関数が「control_aboutme」です。

     

    245行目付近のコード:該当関数はありません。

     

    以上で、カスタム終了です。保存時、エラーが出る場合はその内容を見て解決するようにしましょう。こうすることにより、より柔軟性を高めて自己紹介エリアを編集できるようになります!

    似たカテゴリーの投稿